企業の利益を向上させる|特許申請による独占販売

新しい連絡手段

ミーティング

企業内における情報共有やコミュニケーションを行うための連絡手段として、グループウェアと呼ばれるシステムが多くの注目を集めています。従来の情報共有やコミュニケーションに用いられていた連絡手段というのは、電子メールによるやり取りが主流でした。しかし、電子メールでのやり取りというのは題名、挨拶文・定型文といったものを入力する必要があり、送信までに時間の掛かるものでした。また、電子メールを送信したとしても、相手からの返信がいつ帰ってくるのかは分かりません。場合によっては返信が来なければ業務を進めることができないといったこともあるでしょう。グループウェアではそういった問題を改善することができるのです。
グループウェアというのはLINEやSkypeといったチャットシステムを企業向けに開発したもので、リアルタイム性のあるやり取りを実現します。情報共有やコミュニケーションを円滑に行えるため、業務効率の向上に繋がる有益なシステムなのです。情報保護面に関しても、情報漏洩などに備えて万全なセキュリティを備えています。チャット形式の連絡手段を用いるため、題名や挨拶文・定型文を必要とせず短い文で用件を伝えることができるといったメリットが得られます。しかし、カジュアルなやり取りになるため役職を超えてのやり取りというのは厳しいものとなるでしょう。活用方法としては部門・部署内における業務グループにてグループウェア内にチャットグループを作り、そこで情報共有やコミュニケーション、周知を行うといった方法があります。そうすることで1つの業務をグループ内で協力して進めることができ、業務の効率化をはかることができるのです。